ERIの卵巣嚢腫治療記録2017

10cm卵巣嚢腫(チョコ)治療の記録です

5月28日*入院初日

 

いよいよ入院です

ドキドキ

13:30 入院受付

この日は日曜日だったので

夜間休日用の入口から入り

受付場所もいつもとは違う所でした

普段は人がたくさんいる病院ですが

この日は私と同じように

入院される方と

そのご家族がちらほらいるだけで

とても静かでした

 

受付を済まし

エレベーターで10Fへ

病棟は

明るくて清潔感があり

婦人科ということもあるのか

暖かみのある色合いで

落ち着いた雰囲気でした

日曜日のため

看護師さんの数も少なめ

 

*いざ病室へ 

受付でもらったファイルを渡し

病室へ

4人部屋窓側のベッドでした

窓側希望だったので

めっちゃ嬉しかった!

ちょうどこの時期見ていた

「人は見た目が100%」

というドラマ

主人公の城之内さんが入院した時と

同じポジションにあるベッドでした

イムリ

同じ部屋の方は

向かいのベッドにお一人いらっしゃるだけで

病室内も広く感じました

 

*入院期間中のスケジュール

看護師さんから

入院期間中のスケジュール

手術時間の確認

術後の説明などを受けました

f:id:erim0716:20170721104722j:plain

f:id:erim0716:20170721104752j:plain

 

f:id:erim0716:20170721104920j:plain

 

ネームバンドを付けられ

ついに入院デビュー!

5泊6日の入院生活スタートです

f:id:erim0716:20170721110959j:plain

 

*入院初日

身長体重体温脈拍血圧

を一通り測り

超音波検査のため内診室へ

この病院に来て初めての

女性のお医者さん!

美しい方でした...

卵巣は変わらず大きく腫れていて

超音波検査だけでは

どちらの卵巣が腫れているのか

分からない状態でした

 

手術時の感染症予防のため

デリケート部分の除毛と

おへそのお掃除を

看護師さんにしていただきました

自分でも出来ることを

人にやってもらうってホント恥ずかしい!

事前に分かっていれば

自分で処理して来たのですが...

Ohhh >///<

 

そしてもう一つ恥ずかしいのが

浣腸!

小学生の時

腹痛で病院にかかった時

一度だけしたことがあるのですが

こ...こんなに苦しいものだったとは...

滅多に便秘にならない方なので

ホント気持ち悪かったです

 

しかし看護師さんって

本当にすごい職業ですね

お仕事だとは分かってはいますが

こんなこと↑までしないといけないだなんて...

自分とあまり年が変わらなさそうな

看護師さんに浣腸されながら

そんなことを言ったら

「大丈夫ですよ慣れてますから〜!

 HAHAHA!」

と笑い飛ばされました

心から尊敬します...

 

恥ずかしい行事を終え

やっとこさシャワーへ

翌日から2日程

シャワーできないので

隅々まで念入りに洗いました(笑

 

食事もしばらく取れないので

この日の夕飯は

しっかり噛み締めながら

食べました

f:id:erim0716:20170721114451j:plain

初病院食でしたが

思っていたよりも美味しくて

嬉しかったです!

クリームシチュー

おかわりしたかった!!

 

翌日朝から手術のため

この日の21時から絶食

夕食だけでは

ちょっと物足らなかったので

好物の草餅を食べ、終了

f:id:erim0716:20170721114825j:plain

 

21時以降は

水、お茶、スポーツドリンク

なら飲んでもいいとのことでした

(スムージー系はダメ)

 

ベッドから見える

夕焼けが

とても綺麗でした

f:id:erim0716:20170721115053j:plain