ERIの卵巣嚢腫治療記録2017

10cm卵巣嚢腫(チョコ)治療の記録です

4月21日*MRI撮影

 

腫瘍の中身が何かを知るため

クリニックに隣接する病院でMRI撮影

 

特に食事制限はありませんでしたが

メイクやコンタクトレンズ

撮影前に取らないといけないとのことで

すっぴん眼鏡で行きました

メイクしたままだと

火傷の危険性があるそうです!

 

午後の診察は完全予約制ということもあり

大きな病院ですが

人は少なく静かでした

 

受付を済まし撮影室へ

検査着に着替え

いざ撮影!

 

MRI撮影

撮影室に入ると

大きな白い筒状の装置がありました

今からあの中に入れる

と言う変なワクワク感

 

最初に

MRI機器の説明や

撮影方法、注意事項の説明がありました

 

MRI

Magnetic Resonance Imaging

の頭文字を取った略称です

日本語では

「磁気共鳴画像」

と言うそうです

 

巨大な筒状の装置は

強力な磁石でできているそうです

磁気の力を利用することによって

様々な方向から臓器や血管を

断面撮影することが可能なんだそう

SUGEEEEEEE

 

ベッドのような検査台に

仰向けになり

体を固定されます

なんでもMRIは動きに弱いとか

結構重みのあるベルトのようなもので

お腹周りを固定されました

腫瘍のせいで

下っ腹がポッコリしていたので

ちょっと苦しかった

 

撮影中は

大きな音がするそうで

ヘッドフォンを装着

クラシック音楽が流れていました

 

そして優雅な撮影タイム

検査台が動いて

巨大な筒状の中へ

閉所恐怖症ではないですが

なんか

差し迫ってくる感じがしますね

 

撮影が始まると

音楽が流れていても

グォングォンというような機械音が

聞こえてきました

ヘッドフォン外したら

すごい音なんやろな~

なんて思ってたら

いつの間にか寝てました(笑

 

「はい、終わりましたよー」

ハッとして目が覚めました

寝てるのバレたかな…恥ずかしい

撮影時間は30分ほどだったと思います

 

撮影データは

後日クリニックへ郵送されるので

この日はお会計を済ませて終了

 

***************

今回負担額:¥7,300

初・再診料:282点

医学管理等:250点

画像診断:1,900点